相続税・贈与税・遺言>>贈与税
 

どんな財産に贈与税がかかるの?

 贈与税のかかる財産は、相続税がかかる財産とほぼ同じと考えてかまいません。ただし、贈与税は、無償による財産の取得を前提として設けられているため、相続税のように債務控除(マイナスの贈与財産)という考え方はありません(ただし、プラスの財産とマイナスの財産を一緒に贈与するという「負担付贈与」はある)。
 

贈与財産の内容

 相続税には「本来の相続財産」だけでなく、「みなし相続財産」がありますが、贈与税についても同じように「本来の贈与財産」と「みなし贈与財産」があります。「本来の贈与財産」とは、「あげます」「はい、いただきます」という双方の合意でもらった財産です。その財産は、お金で見積もることができるすべてのものであり、現金・預金・土地・借地権・建物・株式などです(「本来の相続財産」と基本的に同じです)。
 また、明らかに贈与を受けたわけではなくても、実質的には贈与を受けたことと同じような場合もあります。ですから、そのように同じ経済的利益を受けたならば、贈与によってもらった財産でなくても、贈与とみなされ、贈与税がかかることになります。これが上で説明した、「本来の贈与財産」に対する「みなし贈与財産」と呼ばれるものです。
 また、財産によっては、相続税がかからないものがありましたが、同じように、贈与税がかからない非課税財産もあります。これは、贈与税をかけることがふさわしくないと判断されるためです。
 

贈与財産の種類

 「正味の贈与財産」=「本来の贈与財産」+「みなし贈与財産」−「贈与税がかからない非課税財産
 この正味の贈与財産を金額であらわしたものを「課税価格」といい、贈与税がかかる部分となります。
 
贈与財産
 

   
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区