相続税・贈与税・遺言>>贈与税
 

親に借金の肩代わりをしてもらったら?

 みなし贈与になる可能性があります。
 借金の免除や、肩代わりは、基本的にみなし贈与になり、贈与税がかかります。ただし、債務超過で資力が無く、明らかに債務の返済が不能な場合は、みなし贈与になりません。
 

債務免除益など

 Aさんは友人Bさんに500万円のお金を借りました。 現在までこつこつ返済して残りの借金は200万円までになったのですが、返済が滞るようになりました。
 (1)ここで友人Bさんが「Aも大変だろうから借金はなかったことにするよ」とAさんの借金を免除したとします。この場合、友人BさんからAさんへ贈与があったとみなされ(みなし贈与)、Aさんに贈与税がかかります。
 (2)ではここで、Aさんの残りの借金200万円を、Aさんの親Cさんが肩代わりした場合どうなるでしょうか?これも同じように、親CさんからAさんへ贈与があったとみなされ(みなし贈与)、Aさんに贈与税がかかります。
 ただしこのとき、Aさんが債務超過で資力が無く、明らかに債務の返済が不能な場合は、友人Bさんが免除したお金や、親Cさんが返済したお金には贈与税がかかりません。借金をしていた人が資力を喪失して、借金を返すことが難しくなることは考えられます。こういった状況では、借金を返せそうにない部分の金額については、贈与とはみなされません。
 
親に借金を肩代わりしてもらう
 

   
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区