相続税・贈与税・遺言>>贈与税
 

贈与税とはどんな税金なの?

 贈与税とは、生きている人の財産をもらったときにかかる税金のことをいいます。
 

贈与税の内容

 なぜ贈与税がかかるのでしょうか。相続税とは、亡くなった人の財産をもらったときにかかる税金のことをいいます。相続するときだけ税金をかけて、贈与をする(生前に財産をあげる)ときに税金をかけなければ問題が生じます。なぜなら、生きている間にすべての財産を贈与してしまえば、まったく税金を支払わなくて済むからです。
 これでは、相続税の意味がなくなってしまいます。したがって、贈与税が必要なのです。
 また贈与税は、相続税に比べて高い税率になっています。つまり同じ金額の財産をもらったときに、贈与税のほうが税金は高いということです。
 理由は、もし贈与税のほうが安ければ、相続税がかかる前にすべての財産を贈与してしまえば税金が安くなるからです。これもまた、相続税の意味がなくなってしまいます。よって、贈与税のほうが、相続税に比べて高い税率なのです。
 では、相続税より高い税率の贈与税を支払ってまでも、贈与をすることは意味があるのでしょうか。
 実は贈与をうまく使うことにより、相続税と贈与税を合わせた総額の税金を安くすることができるのです。
 

相続税とはどんな税金なの?

 「相続税とはどんな税金なの?」については、「相続税とはどんな税金なの?」のページまで。
 

   
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区