相続税・贈与税・遺言>>相続対策
 

有効な相続対策とは?

 節税対策納税資金対策争族対策の3つの対策を、バランスよくすることです。
 

相続対策の内容

 相続には、予防、つまり事前の対策が非常に大切です。事前の準備しだいでは、相続税が5割以上、場合によっては8割以上も安くできるのです。これは、確かなことです。事前に計画的に準備をしていれば、効果的な節税、つまり税金を安くすることは十分にできます。
 しかし、予防相続というのは節税対策だけではありません。
 重要な柱として次の3つがあげられます。
 1つ目は、節税対策(税金を安くすること)です。
 2つ目は、納税資金対策(相続税を納めるお金を用意すること)です。
 3つ目は、争族対策(相続人の間で争わないようにすること)です。
 納税資金対策と争族対策も、相続を考えたときには、とても重要なことなのです。
 例えば、財産を現金で持っているよりも土地で持っておいたほうが、相続税は安くなるかもしれません。しかし相続を受ける人が、相続税を支払う現金を持っていないのであれば、結果的には現金を相続したほうがよかったということもあります。
 また、節税対策と納税資金対策がうまくできたとしても、相続人の間で争いが起きるのはつまらないことです。相続前には、仲のよかった兄弟同士が、相続を境にして、口も利かなくなるケースは多々あります。ですから、3つの柱で十分に予防相続を行なう必要があるのです。
 
相続対策 

納税資金対策

 いくら節税対策をして相続税が安くなったとしても、その安くなった相続税を納めることができなければ意味がありません。納税資金対策として、相続が起こった後に有効なのは、延納物納です。相続税を納めるときに、手元に現金がなくても納めることができます。
 しかし、できれば相続が起こる前に準備をしておくべきです。事前の準備として、遊休不動産の売却をすすめます。また、遊休不動産を持っていない人は、生命保険に加入して納税資金対策に活用するとよいでしょう。ただし、納税資金対策として有効な種類の生命保険に加入しないと意味がないので気をつけてください。
 

争族対策

 相続対策で最も重要な対策です。被相続人の死後、相続人の間で争いが起きないように事前に準備をしておくべきです。これは何といっても、遺言書の作成がいちばん有効です。末永く相続人が仲良く暮らせるように、遺言書の作成をすすめます。
 

節税対策

 節税対策については、節税対策のページまで。
 

遺言・相続・相続税の有料相談

 遺言・相続・相続税の有料相談については、遺言・相続・相続税のサイトまで。
 

   
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区