相続税・贈与税・遺言>>相続税
 

相続税が安くなる6つの控除とは?(税額控除)

 税額控除という制度のことです。
 

税額控除の内容

 税額控除とは、簡単にいうと、相続税の納税額を安くできる制度のことをいいます。税額控除には次の6種類があります。
 @贈与税額控除A配偶者控除B未成年者控除C障害者控除D相次相続控除E外国税額控除
 相続をした人の事情により、相続税から上記6つの税額控除をマイナスし、納税額を安くすることができるのです。
 

税額控除のまとめ

 
種 類 内 容
@贈与税額控除 相続開始前3年以内の贈与財産は、相続税の対象となります。ですから、贈与したときに支払った贈与税を相続税から差し引き、二重に税金がかからないように設けられているのです。
A配偶者控除 法定相続分または1億6000万円までなら、税金はかかりません。
B未成年者控除 20歳未満の人が法定相続人の場合、税金は安くなります。
C障害者控除 障害者が法定相続人の場合、税金は安くなります。
D相次相続控除 10年以内にたて続けに相続があった場合、2回目以降の相続では税金の一部が免除されます。
E外国税額控除 海外で相続税を払った場合、その金額分を日本の相続税から控除されます。
 

   
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区