相続税・贈与税・遺言>>相続税
 

相続した土地を売るなら?(相続税が取得費に加算される特例)

 所得税には、相続してから3年10ヶ月以内なら「相続税が取得費に加算される特例」という制度があります。
 

「相続税が取得費に加算される特例」の内容

 土地を相続したときに税金を納めていれば、所得税の計算上、土地にかかった相続税額を土地の取得費として認めます、という制度です(土地だけではなく、他の相続財産でも認められます)。ただし、相続税の申告期限の翌日から3年以内に売らないと、この特例を利用できません。
 なぜ、このような制度があるのでしょうか?相続税を払うには、当然お金がいります。相続税を払うためのお金を用意するため、相続によってもらった土地を売ることもよくあります。土地を売ると、売ったことで儲かったお金(譲渡益)に対して、税金がかかります。この税金のことを譲渡所得税(所得税)と呼びます。
 しかし、相続によってもらった土地は、すでに相続税を払っています。相続税を納めた上に、また土地を売ったからといって税金を払うことになると、税金の負担が大きすぎます。そこで、税金の負担を減らすために、この制度が設けられているのです。
 

譲渡所得の求め方

 
譲渡所得
 

   
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区