相続税・贈与税・遺言>>相続税
 

どんなときに相続税がかかるの?(相続、遺贈、死因贈与)

 相続税がかかるケースとして、@相続、A遺贈、B死因贈与の3つです。
 

@相続、A遺贈、B死因贈与の内容

 @亡くなった人が生前に「私が死んだら、誰に財産をあげる」か、決めていない。
  これを相続といいます。いちばん多いケースです。
 A亡くなった人が生前に「私が死んだら、誰に財産をあげる」か、遺言で決めていた。
  これを遺贈といいます。最近増えてきたケースです。
 B亡くなった人が生前に「私が死んだら、誰に財産をあげる」か、契約で決めていた。
  これを死因贈与といいます。少ないケースです。
 

遺贈と死因贈与の異なる点

 遺贈死因贈与の異なる点は、財産の移動が一方的なのか、それともお互いに確認した契約かの違いです。遺贈の場合は、財産をあげる人が一方的に「財産をあげる」と決めています。対して死因贈与の場合は、財産をあげる人が「財産をあげる」と表明しているだけでなく、もらう人も「はい、いただきます」と表明している、ということです。
 

相続税がかかるケース

 
相続、遺贈、死因贈与
 

   
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区