相続税・贈与税・遺言>>相続税
 

相続の分け前はどのくらいなの?(遺産分割)

 相続する人が1人だけであれば、亡くなった人(被相続人)の財産は、すべて1人に受け継がれるので、問題は生じないでしょう。では、相続人が複数いる場合、相続財産の分け方は(遺産分割)はどうなるのでしょうか。
 

遺産分割の種類

 基本的に相続財産の分け方は相続人同士の話し合いで決めていいのです(民法907)。つまり、話し合いで合意すれば、どのように分けてもかまわないということです(協議分割)。ただし、現実問題として、基準となる分け方がないと、話し合いですんなり合意するのは難しいでしょう。ですから、次のような基準となる考え方があります。一般的なものとして、指定分割法定分割の2つの考え方です。
 亡くなった人(被相続人)は、あらかじめ遺言書で、それぞれの相続人の相続分を決めておくことができます。その決めていた相続分どおりに分けることを指定分割といいます。遺留分(詳しくは、遺留分のページまで)はありますが、亡くなった人の意思を尊重するため、優先的にしたがう財産の分割のことです。
 一方、法定分割とは、民法で「このように財産を分けるのがいちばんよい」といっている財産の分割のことです(詳しくは、法定相続分のページまで)。ですから、遺言書がない場合や、遺言書があっても、指示されていない財産がある場合について法定分割を一つの目安として分けます。
 また法定分割は、相続税額を求めるときや、相続人同士の話し合いで合意しない場合の法律上の目安となるので、きちんと理解しておく必要があります。
 
遺産分割の種類
 

遺言書の内容と異なる遺産分割をした場合

 遺言書の内容と異なった遺産分割をした場合には、各人の課税価格(詳しくは、相続税の計算と金額のページまで)は、遺言書の内容によるのではなく、相続人全員で行われた分割協議の内容によります(相法11の2)。
 

   
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区