相続税・贈与税・遺言>>相続税
 

交通事故の損害賠償金は相続財産なの?

 交通事故の加害者から遺族が損害賠償金を受けたときの相続税について説明します。
 

損害賠償金の内容

 被害者が亡くなったことに対して支払われる損害賠償金は、相続税の対象ではなく、遺族の所得になり所得税の対象になります。しかし、所得税法上、不測な損害の補填である損害賠償金は非課税となり、所得税がかからないことになっています(所法9所令30)。ようするに、相続税も所得税も、かからないということです。
 

損害賠償金を受け取る権利

 損害賠償金には、「慰謝料」や「逸失利益の補償金」(交通事故にあった被害者が生きていれば、得られていたはずの所得の補償金)などがあります。また、死亡事故の場合には「父母・配偶者・子」は相続による損害賠償請求の他に、遺族固有の慰謝料というものも請求できます。
 なお、被相続人が損害賠償金を受け取ることに生存中決まっていたが、その損害賠償金を受け取らないうちに死亡してしまったという場合は、その損害賠償金を受け取る権利は相続財産となります。よってこの場合は、相続税の対象となります。
 

   
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区