相続税・贈与税・遺言>>相続税
 

相続税の計算と金額

 大きく分けると@課税遺産額の計算、A相続税額の計算、B納付税額の計算の3段階になります。
 

@課税遺産額の計算

 「課税価格」=「本来の相続財産」+「みなし相続財産」 +「相続開始前3年以内の贈与財産」+「相続時精算課税による贈与財産」−「非課税財産」−「債務」です。
 この「課税価格」から基礎控除額を引いた金額が「課税遺産額」となります。
 よって、「課税遺産額」=「課税価格」−基礎控除額(5000万円+(1000万円×法定相続人の数)) となります(詳しくは基礎控除額のページ)。
 
課税遺産額の計算
 

A相続税額の計算

 各相続人が、いったん民法に定める法定相続分にしたがって財産を取得したと仮定して、各相続人の「取得金額」を計算します。
 「取得金額」=「課税遺産額」×法定相続分となります。次に、その「取得金額」に「相続税の速算表」を使用して、「各相続人ごとの仮定の相続税額」を算出します。その算出された「各相続人ごとの仮定の相続税額」を足して、「相続税の総額」を求めます。 
 
相続税額の計算
   
「相続税の速算表」
取得金額 税率 控除額
1000万円以下 10%
1000万円超〜
3000万円以下
15% 50万円
3000万円超〜
5000万円以下
20% 200万円
5000万円超〜
1億円以下
30% 700万円
1億円超〜
3億円以下
40% 1700万円
3億円超〜 50% 4700万円
 「各相続人ごとの仮定の相続税額」=
 「各相続人の取得金額」×税率−控除額
 

B納付税額の計算

 「相続税の総額」を、実際に財産をもらった人の課税価格に応じて割り振って、財産をもらった人ごとの税額を計算します。税額控除・加算がある場合は、調整して「納付税額」を求めます。
 
納付税額の計算
 

相続税簡易計算

 相続税簡易計算については、相続税簡易計算のページまで。
 

   
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区