相続税・贈与税・遺言>>相続税
 

相続税を納めるお金がなかったら?

 相続税を分割で納める延納と、モノで納める物納という制度があります。
 

延納と物納の内容

 相続税は期限以内に金銭で一括納付が原則になります。つまり、納税期限までに全額を現金で払わなければならないのです。
 納税の期限は申告書提出期限と同じく、被相続人が死亡した日の翌日から10ヶ月以内ですが、現金で一括納付できない人も出てきます。
 例えば、現金や預金のみで相続した人なら問題ありませんが、不動産(土地や建物など)のみで相続した場合、現金で一括納付することは困難になります。期限までに納められないと、利息にあたる延滞税がかかってしまいます(詳しくは、延滞税のページまで)。
 しかし、現金一括払いはあくまで原則です。現金で一括払いすることが難しい場合は、一定の条件を満たせば延納物納を認めてもらうことができます。
 延納とは、簡単に言えば相続税を分割して払う方法です(詳しくは、延納のページまで)。物納は延納でも相続税を支払うことができない場合に、現金ではなく国債や不動産などのモノで納付する方法です(詳しくは、物納のページまで)。
 

相続税の納付方法

 
相続税の納付方法
 
納付方法 リンク先
延納 延納のページまで
物納 物納のページまで
 

   
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区