相続税・贈与税・遺言>>相続税
 

亡くなった人も所得税を払うの?(準確定申告)

 亡くなってしまった人でも、死亡した年に所得があれば、所得税がかかります。
 

準確定申告の内容

 働いてお金を稼ぐと、そのお金には所得税がかかります。たとえ亡くなってしまった人でも、死亡した年に所得があれば、所得税がかかります。そのため、亡くなった人についても確定申告をする必要があります。ただ、亡くなってしまった人は、自分で確定申告をすることはできません。そこで、亡くなった人の相続人が、代わりに確定申告をします。これを、準確定申告といいます。
 相続税のことだけで頭が一杯になって、所得税(準確定申告)のことを忘れないよう注意する必要があります。
 準確定申告といっても、確定申告とほとんど変わりません。ただし、少しだけ異なる点があります。準確定申告では、所得と税額の計算期間は、1月1日から亡くなった日までとなります。申告期限は亡くなった日(相続を知った日)の翌日から4ヶ月以内です。例えば7月1日に亡くなった場合は、11月1日までに準確定申告をする必要があります。
 準確定申告で払った税金は、亡くなった人の払うべき税金です。そのため納めた所得税は、相続財産から引いてもらえます。また、逆に還付(納めすぎた税金をかえしてもらう)があった場合は、相続財産にプラスされます。
 なお、サラリーマンなどの給与所得者は、この準確定申告が不要のことが多いです。収入先が1つなら、会社などがその人の給与所得にあわせて、一種の年末調整をしてくれるからです。
 

確定申告と準確定申告の違い

 
確定申告 準確定申告
申告をする人 本人 相続人
所得と税額
の計算期間
1月1日〜12月31日 1月1日〜亡くなった日
申告の期限 翌年の2月16日〜3月15日 相続を知った日の翌日から
4ヶ月以内
 

   
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区