相続税・贈与税・遺言>>相続税
 

本来の相続財産とは?

 本来の相続財産とは、亡くなった日に、被相続人が持っていた、お金に換算できる全ての財産です。
 

本来の相続財産の内容

 本来の相続財産の代表的なものとして、現金・預金、土地、家屋、有価証券などがあります。
 これらは有形なものであるため、相続財産だとわかります。しかし、本来の相続財産には有形なものだけではなく、無形なものもあります。例えば、他人の土地を借りている場合の借地権や、電話加入権、著作権、特許権、貸付金などです。
 また意外なものとして、家具やテレビ、エアコン、冷蔵庫、ステレオ、テーブル、茶碗、宝石なども家庭用財産として相続財産として含まれます。「こんなものにも、相続税がかかるの?」と思う人もいるでしょうが、お金で換算できる経済的価値のあるものはすべて、相続財産になるのです。
 

本来の相続財産の具体例

 
種 類 細 目
現金・預金 現金、小切手
普通預金、定期預金、当座預金など
土地 宅地
田畑
山林など
土地上の権利 借地権、定期借地権、地上権など
家屋 家屋、庭園設備など
構築物 駐車場、広告塔など
有価証券 株式、出資
国債、地方債、社債
貸付信託・証券投資信託の受益証券など
家庭用財産 家具、什器備品、電話加入権、自動車
貴金属、宝石
書画骨董品など
事業用財産 機械装備、器具備品、自動車、
商品、製品、売掛金など
その他財産 貸付金、未収入金、
電話加入権、ゴルフ会員権
著作権、特許権、立木など
 

   
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区