相続税・贈与税・遺言>>相続税
 

非行息子には相続させない(推定相続人の廃除と相続人の欠格事由)

 推定相続人の廃除相続人の欠格事由
 

「推定相続人の廃除」の内容

 被相続人に対する非行等があった人に対しては、被相続人の意思で家庭裁判所に請求をして、相続権を奪うことができます。このことを推定相続人の廃除といいます(民法892)。生きている間だけではなく、遺言によっても可能です(民法893)。
 推定相続人とは、現状のまま相続が開始されれば相続人になる人のことです。
 被相続人に対する非行等とは、被相続人に対して虐待をしたり、重大な侮辱を加えたりすることなどです。
 

「相続人の欠格事由」の内容

 被相続人が家庭裁判所に請求しなくても、被相続人や他の相続人を殺そうとして刑罰を受けたり、自分に都合のいいように遺言を偽造したり隠したりということをすれば、相続の資格を失います。こちらは相続人の欠格といいます(民法891)。
 相続人となることができない人は、次のような人です。
 ●故意に被相続人や先順位もしくは同順位の人を死亡させたり死亡させようとして、刑罰を受けた人
 ●被相続人が殺されたことを知っていたのに、そのことを告発または告訴しなかった人
 ●詐欺や強迫によって、被相続人が相続に関する遺言をしたり、遺言を変更することを妨げた人
 ●詐欺や強迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせたり、遺言を取り消させたり、遺言を変更させたりした人
 ●被相続人の相続に関する遺言書を偽造したり、変造したり、破棄したり、または隠匿した人
 

   
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区