相続税・贈与税・遺言>>相続税
 

相続税とはどんな税金なの?

 相続税とは、亡くなった人の財産をもらったときにかかる税金のことをいいます。
 

相続税の内容

 財産とは、家や貯金、株式など、お金とお金に換算できるすべてのものです。
 人は生きている間に、お金を稼ぎます。その稼いだ中から所得税を支払い、残りのお金の中からマイホームを買ったり、貯金をします。これを財産といいます。
 「所得税を支払っているのに、何でさらに税金を支払わなくてはいけないの?」と思う人がいるかもしれません。これは、決しておかしな疑問ではありません。現に諸外国の中には、相続税がなかったり、今後廃止する予定の国もあります。
 では、なぜ日本では相続税がかかるのでしょうか。理由として次のようなことが考えられます。
 同じ稼ぎの人が2人いるとします。一方は金持ちA様の家に生まれ、もう一方は貧乏B様の家に生まれました。金持ちA様の家に生まれたほうは、何不自由なく暮らし、稼いだお金は自分の好きなように使えます。一方貧乏B様の家に生まれたほうは、稼いだお金を全部家に入れて、自分で使えるお金はありません。これでは、不公平が生じます。したがって、金持ちA様の家から、相続税という形でお金を取り、富(財産)が集中しないようにしましょう、というわけです。
 「働かないで手に入る所得には税金をかけましょう」また、「一部のお金持ちに財産が集中することはやめましょう」という考え方により、日本では相続税がかかるのです。
 

贈与税とはどんな税金なの?

 「贈与税とはどんな税金なの?」については、「贈与税とはどんな税金なの?」のページまで。
 

   
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区