相続税・贈与税・遺言>>マイホームの相続税・贈与税
 

親の借地に子供が家を建てたら?(借地権の使用貸借に関する確認書)

 「借地権の使用貸借に関する確認書」という書類を税務署に提出すれば、贈与税は課税されません。
 

借地権の使用貸借に関する確認書の内容

 親の土地に子供が家を建てて、借地権相当額の権利金や地代を払わなくても、使用貸借なので贈与税はかかりません。
 では、親が借りている土地(親の借地)に、子供が家を建てて、権利金や地代を払わない場合はどうでしょうか。一般的には、「借地人」から土地を又借りして家を建てる場合、「又借りをする人」は「借地人」に権利金や地代を支払うのが普通です。
 このように、「借地人である親」に権利金や地代を払わない「又借りをする子供」の場合は、親の借地権を子供が無償で使用したことになり、子供は親から又借りする借地権などを贈与されたことになります。
 しかし、「借地権の使用貸借に関する確認書」という書類を税務署に提出すれば、贈与税は課税されません。
 この「借地権の使用貸借に関する確認書」という書類は、借地権を使用する子供と借地人である親と地主の3人が連名でその借地権を使用貸借で又借りしていることを確認するものです。
 この場合の使用貸借とは、地代も権利金も支払うことなく借地権の貸し借りを行なうことです。
 また、この使用貸借されている借地権は、贈与税の対象となりませんが、将来親から子供が相続するときに相続税の対象となります。相続のときのこの借地権の価額は、他人に賃貸している借地権ではなく自分で使用している借地権の評価額となります。よってこのときに、又借りしていた借地権の分だけ、相続税が高くつくことになるのです。
 
借地権の使用貸借に関する確認書
 

   
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区