相続税・贈与税・遺言>>マイホームの相続税・贈与税
 

親が借りている土地の底地部分を子供が買い取ったら?(借地権者の地位に変更がない旨の申出書)

 「借地権者の地位に変更がない旨の申出書」という書類を税務署に提出すれば、贈与税は課税されません。
 

借地権者の地位に変更がない旨の申出書の内容

 親が借地している土地の所有権(底地部分)を地主から子供が買い取った場合はどうなるでしょうか。この場合、親が引き続き子供に地代を支払う(賃貸借)場合は贈与税の問題はありません。
 しかし、子供が土地を買った後に親から子供に地代の支払いがない場合は、賃貸借ではなく使用貸借となります。
 使用貸借は借地権を設定するような強い権利はないと考えられます。ですから子供が土地を買い取ったときに、親の所有していた借地権は、子供に贈与され、子供がその土地を完全に所有(自用地)したと考えられるのです。
 そのため、借地権を払わない子供は、本来支払うべき借地権を親から贈与されているとみなされ、贈与税がかかるのです。
 しかし、子供が地主になった後も、引き続き借地権者は親であるとして「借地権者の地位に変更がない旨の申出書」を子供の住所地の所轄税務署長に提出したときは、贈与として取り扱わないことになっています。
 また、この申出書は親と子供の連署により提出することになっています。
 なお、この申出書の提出があった場合は、将来親に相続が開始したときには、その借地権は親の相続財産として扱われます。
 ようするに、贈与税の対象とはなりませんが、将来親から子供が相続するときに、相続税の対象となるのです。
 
借地権者の地位に変更がない旨の申出書
 

   
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区