相続税・贈与税・遺言>>マイホームの相続税・贈与税
 

親の建物に子供が増築したら?

 条件によっては、贈与税が課税されます。
 

子供が増築

 親名義の建物に子供が増築した場合、独立した1戸の家屋としての構造があり、増築部分を別の建物として登記をして、その増築部分の全部を子供が所有するならば、建物に関しての贈与税は、かかりません。
 しかし増築の場合、このように独立した1戸の家屋としての諸条件を整えることは難しいでしょう。ですから一般的には、子供が増築した部分についても、元々の建物の所有者である親の所有物となります。この場合、親が子供に対して増築部分の対価を支払わないときには、親は子供から贈与を受けたものとして贈与税が課税されます。
 しかし、子供が支払った建築資金に相当する建物の持分を親から子供へ移転させて共有とすれば、贈与税は課税されません。
 ただし税法上、親は増築後の建物の持分の一部を子供に譲渡したことになりますので、譲渡所得として所得税が課税される場合があります。またこの場合、マイホームを売ったときの特別控除(居住用財産の3000万円控除)の特例は適用されませんので、注意をしてください。
 また、親名義の建物が古い建物であるならば、最初に、親名義の建物を子供に贈与し、名義変更した後、増築する方法もあります。
 この場合、財産評価額が安い古い建物の贈与のため、贈与税はあまりかからないと考えられるからです。
 
親の建物に子供が増築
 

   
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区