相続税・贈与税・遺言>>民法
 
民法第千二条(負担付遺贈)
 
負担付遺贈を受けた者は、遺贈の目的の価額を超えない限度においてのみ、負担した義務を履行する責任を負う。
2  受遺者が遺贈の放棄をしたときは、負担の利益を受けるべき者は、自ら受遺者となることができる。ただし、遺言者がその遺言に別段の意思を表示したときは、その意思に従う。
 

   
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区