相続税・贈与税・遺言>>民法
 
民法第九百八十六条(遺贈の放棄)
 
受遺者は、遺言者の死亡後、いつでも、遺贈の放棄をすることができる。
2  遺贈の放棄は、遺言者の死亡の時にさかのぼってその効力を生ずる。
 

   
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区