相続税・贈与税・遺言>>民法
 
民法第九百七十四条(証人及び立会人の欠格事由)
 
次に掲げる者は、遺言の証人又は立会人となることができない。
一  未成年者
二  推定相続人及び受遺者並びにこれらの配偶者及び直系血族
三  公証人の配偶者、四親等内の親族、書記及び使用人
 

   
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区