相続税・贈与税・遺言>>民法
 
民法第九百二十二条(限定承認)
 
相続人は、相続によって得た財産の限度においてのみ被相続人の債務及び遺贈を弁済すべきことを留保して、相続の承認をすることができる。
 

   
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区