相続税・贈与税・遺言>>民法
 
民法第八百九十三条(遺言による推定相続人の廃除)
 
被相続人が遺言で推定相続人を廃除する意思を表示したときは、遺言執行者は、その遺言が効力を生じた後、遅滞なく、その推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求しなければならない。この場合において、その推定相続人の廃除は、被相続人の死亡の時にさかのぼってその効力を生ずる。
 

   
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区