相続税・贈与税・遺言>>民法
 
民法第八百七十七条(扶養義務者)
 
直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある。
2  家庭裁判所は、特別の事情があるときは、前項に規定する場合のほか、三親等内の親族間においても扶養の義務を負わせることができる。
3  前項の規定による審判があった後事情に変更を生じたときは、家庭裁判所は、その審判を取り消すことができる。
 

   
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区