相続税・贈与税・遺言>>民法
 
民法第八百三十九条(未成年後見人の指定)
 
未成年者に対して最後に親権を行う者は、遺言で、未成年後見人を指定することができる。ただし、管理権を有しない者は、この限りでない。
2  親権を行う父母の一方が管理権を有しないときは、他の一方は、前項の規定により未成年後見人の指定をすることができる。
 

   
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区