相続税・贈与税・遺言>>民法
 
民法第七百九十七条(十五歳未満の者を養子とする縁組)
 
養子となる者が十五歳未満であるときは、その法定代理人が、これに代わって、縁組の承諾をすることができる。
2  法定代理人が前項の承諾をするには、養子となる者の父母でその監護をすべき者であるものが他にあるときは、その同意を得なければならない。
 

   
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区