相続税・贈与税・遺言>>民法
 
民法第七百七十二条(嫡出の推定)
 
妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。
2  婚姻の成立の日から二百日を経過した後又は婚姻の解消若しくは取消しの日から三百日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。
 

   
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区