相続税・贈与税・遺言>>民法
 
民法第七百六十二条(夫婦間における財産の帰属)
 
夫婦の一方が婚姻前から有する財産及び婚姻中自己の名で得た財産は、その特有財産(夫婦の一方が単独で有する財産をいう。)とする。
2  夫婦のいずれに属するか明らかでない財産は、その共有に属するものと推定する。
 

   
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区