相続税・贈与税・遺言>>民法
 
民法第七百五十八条(夫婦の財産関係の変更の制限等)
 
夫婦の財産関係は、婚姻の届出後は、変更することができない。
2  夫婦の一方が、他の一方の財産を管理する場合において、管理が失当であったことによってその財産を危うくしたときは、他の一方は、自らその管理をすることを家庭裁判所に請求することができる。
3  共有財産については、前項の請求とともに、その分割を請求することができる。
 

   
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区