相続税・贈与税・遺言>>民法
 
民法第五百四十二条(定期行為の履行遅滞による解除権)
 
契約の性質又は当事者の意思表示により、特定の日時又は一定の期間内に履行をしなければ契約をした目的を達することができない場合において、当事者の一方が履行をしないでその時期を経過したときは、相手方は、前条の催告をすることなく、直ちにその契約の解除をすることができる。
 

   
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区