相続税・贈与税・遺言>>財産評価
 

建物の評価額はいくら?(固定資産税評価額)

 建物と土地の財産評価はそれぞれ別に評価します。建物の場合、財産評価は固定資産税評価額となっています。
 

建物の評価額の内容

 固定資産税評価額を確認するには、その建物がある都税事務所または市町村役場の固定資産税係に行きます。そこで固定資産課税台帳を見せてもらえれば、固定資産税評価額を確認できます(ついでに、評価証明書をとっておくとよいです)。固定資産税評価額の目安は、だいたい標準的な建築費用の60%〜70%ぐらいとなっております。
 自用地(人に貸していない宅地)よりも貸宅地(人に貸している宅地)のほうが評価額は安くなるのです(詳しくは、こちらのページまで)が、同じようなことが建物にもいえるのです。自分や自分の親族が使っている建物(自宅等)の評価額は固定資産税評価額となります。
 しかしアパートなど、人(第三者)に建物を貸している場合は、その建物(貸家)を借りている人がいるため、建物の持ち主といえ勝手に処分できません。借りている人には借家権があるためです。
 よって、貸家の評価額=固定資産税評価額−借家権の評価額となります。
 借家権の評価額は固定資産税評価額の30%となっています。したがって、貸家の評価額は固定資産税評価額の70%となります。
 
建物の評価額
 

   
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区