相続税・贈与税・遺言>>財産評価
 

アパートが建っている土地の評価額はいくら?(貸家建付地)

 アパートが建っている土地の評価額は、貸家建付地の評価額となっています。
 

貸家建付地の評価額

 貸家の評価額=固定資産税評価額−借家権の評価額=固定資産税評価額×70%でした。
 では、その貸家が建ててある宅地(自己所有の宅地)の評価額はどうなるでしょうか。このように、貸家が建っている自己所有の宅地を「貸家建付地」といいますが、この場合、宅地は貸していません。あくまでも、宅地の上の建物を貸しているのです。ですから、貸宅地の評価額(=自用地の評価額−借地権の評価額)とはなりません。
 しかし、貸家が建っており居住者がいるため、その宅地も勝手に処分できるというものではありません。ですから、この場合は「居住権を考慮した評価額」を差し引いて評価額を出します。
 貸家建付地の評価額=自用地の評価額−居住権を考慮した評価額となります。
 「居住権を考慮した評価額」は自用地の評価額×借地権割合×借家権割合という計算式から求めることになっているので、
 貸家建付地の評価額=自用地の評価額(1−借地権割合×借家権割合)となります。
 借地権割合は地域によって異なりますが、60%〜70%となっているところが多いです。また借家権割合は30%となっています。
 この借地権割合と借家権割合の2つの数字をあてはめて考えると、
 貸家建付地の評価額=自用地の評価額{1−(60%〜70%)×30%}
 となるため、 アパートやマンション、または人に貸している貸家が建ててある貸家建付地の評価額は自用地の評価額の79%〜82%となります。
 
貸家建付地の評価額
 

   
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区